Safety
安全マネジメント

1. 輸送の安全に関する基本的方針

安全第一の確保

  • ・安全確保の最優先がバス事業者の使命で有ることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善を尽くす。
  • ・輸送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する。
  • ・安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行する。
  • ・輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

2. 2024年度の安全目標

人身事故ゼロ・物損事故 ゼロ

3. 安全目標の達成状況

2023年度における人身事故・重大事故の発生は「1件」でした。

4.事故に関する統計

2022年度

1. 重大事故(報告事故)の発生
0件
2. 人身事故の発生(有責)
0件
3. 物損事故の発生
3件

2023年度

1. 重大事故(報告事故)の発生
1件
※処分無し
2. 人身事故の発生(有責)
0件
3. 物損事故の発生
4件

5. 安全管理体制及び連絡体制図

初動 緊急レベル1 緊急レベル2 緊急レベル3

6. 輸送の安全に関する重要施策

  • (1) 乗務員に対する輸送の安全に関する教育の実施(意識改革)
  • (2) 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定を遵守する。
  • (3) 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有する。
  • (4) 輸送の安全に関する機器・設備投資の実施

7. 輸送の安全に関する計画・教育及び研修の実施

  • (1) 事故惹起者の指導(事故発生時)
  • (2) 適性診断記録をもとに教育
  • (3) 救命措置・テロ対策等の実施訓練(外部講師)
  • (4) ドライブレコーダーを活用した教育・事故事例の分析と対策
  • (5) ヒヤリ・ハット情報の収集と共有(事例の視聴)
  • (6) 年間安全教育計画表(月1回)